クオログ

クオログ

東大卒の新卒2年目IT系コンサルタントが、フリージャンルで記事を更新します!!!!

MENU

ToMeカードは何もしなければメトロポイントは溜まりません

スポンサードリンク

2016年の2月くらいに、それまで使っていたPASMOの代わりに、ToMeカードを申請することにしました。

 

申請するのに至ったのは、普通のPASMOにだんだんイライラが溜まってきていたからです。

具体的には、

・チャージがめんどくさい

これ一点です。

 

急いでいるのにチャージ不足で改札を通れないということがまあまああって、その度に改札のバーをへし折ってやろうかと思うほど、シンプルにイライラしていました。  

 

今回は僕がカードを検討する時に考えたことと、メトロポイントが貯まってなくて悲しかったこと、そしてその対処法を紹介します。

 

ToMeカードに惹かれた理由

イライラが溜まってきたときに、会社の同僚がToMeカードの魅力を語ってくれました。

 

今回は諸々の理由でゴールドではなく標準のカード、Primeを申請しました。

 

①オートチャージが可能

改札を通ったり、売店で購入したりするときに、ある一定額を下回ると自動でチャージされます。残高なんか全く気にする必要ないので、ガンガン改札をくぐれます!!

ガンガン改札をくぐった翌月には、しっかり支払いを請求されます。くそぅ。

 

②メトロポイントが貯まる

定期区間外のメトロを乗車するごとにメトロポイントが貯まります。
メトロポイントPlusでおトク:To Me CARDの魅力|東京メトロ To Me CARD 参照

f:id:QOLjapan:20160830120722j:image

ゲット可能なポイント数(2016/08)

・ゴールドカードの場合

平日20pt

休日40pt

・標準(Prime)の場合

平日10pt

休日20pt

 

ポイントの使い道

おトクな2つのポイントサービス:To Me CARDの魅力|東京メトロ To Me CARD

基本的な使い道としては

・チャージに充足

・マイルに変換

・楽天ポイントに変換

これらがメインでしょうか。

 

カードへ変更する際の考慮点

ここではメトロポイントの恩恵を受けられるかどうかを

・定期代金

・カードの年契約料

・乗車頻度(定期外、定期内)

の3つの観点から考慮してみます。

簡単に説明すると、メトロポイントから得られる年間のポイント数が、カードの年契約料を上回っているかどうかを考える必要があるということです。

 

さらにそれを考慮するにあたっては、本当に定期券を買う必要があるのかということも併せて検討する必要があります。

 

僕の場合は、定期券一ヶ月代金と通勤一ヶ月代金はほとんどおなじだったので、定期券を購入しませんでした。

 

シミュレーションするにあたり、公式サイトで紹介されているので参考にしてほしいです。

 

メトロポイント年間シミュレーション:To Me CARDの魅力|東京メトロ To Me CARD

 

メトロポイントが貯まっていない

公式サイトをみると、メトロポイントの魅力が分かりやすく書かれていて、これはToMeカード一択っしょ!!!っていう勢いでカードの申し込みを済ませました。

 

利用開始から4ヶ月くらいした頃に、貯まったポイントを確認するためにカードを駅にあるチャージ機に突っ込んだときに戦慄しました。

 

ぽ、ポイント0だと、、、、

 

僕は大きな大きな落とし穴にはまっていたのです。

 

メトロポイントは申請が必要

メトロポイントを貯めていくためには、メトロポイントを貯めていきたいToMeカードとPASMOの紐付けが必要です。

 

(サイトをよく見ると、赤文字で至る箇所に注意書きが書かれてある)

 

東京メトロに問い合わせたところ、ToMeカードと別のPASMOを紐付けて、別のPASMOを利用したときにメトロポイントが貯まるように設定できるらしい。

 

確かに便利、、、だが、不便、、、。

 

ToMeカードの利用開始時に手続きをしなければメトロポイントは貯まらないということであるので、ToMeカード利用開始時には必ず注意したいですね。

 

遡求してポイント付与は可能か

筆者の場合は約半年間貰えるはずだったメトロポイントを貰えていないわけであり、これを遡ってポイントをもらうことができるのか、という疑問が湧くでしょう。

 

結論はNOです。

(問い合わせでオペレーターに確認しました)

なおさらメトロポイントを逃さないように気をつけたいですね。

 

申請手続きの方法

じゃあどうやったらメトロポイントを貯められるように設定できるの?ということだけれど、

まず会員専用ページにログインします。

Tokyo Metro To Me CARD 会員専用サイト|ログイン

 

ここでの会員番号はカードのオモテ面に記載されていて、確認番号は生年月日の月と日付の4桁が初期設定で登録されています。

 f:id:QOLjapan:20160830205411j:image

メトロポイントPlus設定を選択し、カード裏面の番号を入力して終了です。

 

こんな簡単なら最初から紐付けておいてくれよ、とも思うけど、個人のPASMO事情に配慮してのことなのでしょう、、、、。