クオログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クオログ

東大卒の新卒2年目IT系コンサルタントが、フリージャンルで記事を更新します!!!!

MENU

お茶代を無理なく月3000円節約した方法

スポンサードリンク

水を飲まないと生きていけない

飲んでも出て行くのに、水を飲まないと生きていけない。不条理。

 

2Lのお茶を買おうとすると、安くても100円、飲料メーカーの有名なお茶なら200円はかかる。

 

毎日飲むのにもったいない。

 

お茶を沸かすのはめんどくさい

じゃあ、お茶を自家生産しようってなるんだけど、

なかなか手順としては面倒だ。

 

お湯を沸かす

お湯を入れてパックを入れる

冷めるまで待って冷蔵庫に入れる

 

面倒くさい

すぐに冷たいお茶が飲めない

 

この2つがそれなりに大きな問題として立ちはだかる。

 

 

比較対象が200円のお茶だし、そんなにお金に困ってなければ、まぁもったいないけど楽だからっていう理由でお茶沸かし作戦は長続きしない

 

続ける方法を考えた

要するに、作るのが楽で、すぐに冷たいお茶を作ればいいということ。

 

結論が出た。

 

水道水で水出し緑茶を作る。

 

楽だし、それなりに冷たいので冷蔵庫に直行ドーン。

 

これでお茶代の削減に成功した!!!!

2日で1本、1ヶ月15本とすると、

200×15で実に3000円!!

 

水道水でお茶作るのってどうなの?

 

この疑問。

絶対あると思ったので、答えておこうと思う。

 

煮沸した水道水は、煮沸した瞬間は細菌が少なくなるのだけれど、冷まして行く途中に常温にさらされる期間が長ければながいほど細菌が繁殖するリスクが増える。

 

一方水道水は塩素が加えられているので、実はちゃんと保存すればそれなりの期間飲むことができる

 

水道水は、残留塩素が存在している間は安心して飲んでいただけます。 保存状態がよければ比較的長い間保存することができますが、 保存する環境によって、残留塩素の残り方が違ってきますので、 特に夏場は注意して、短い間隔で入れ替えていただくことをおすすめします。

三重県|水質管理情報センター:水質なんでも相談室(回答編)  より

以外に水道水が飲めるということを知って、お茶代を安くやりくりした、そんな2016夏でした。

美味しいので、オススメです〜〜

伊藤園 ワンポット抹茶入り緑茶 ティーバッグ 50袋