クオログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クオログ

東大卒の新卒2年目IT系コンサルタントが、フリージャンルで記事を更新します!!!!

MENU

エクセルで行追加してもズレない行番号をつける方法

スポンサードリンク

行番号をつけろよ(怒)

f:id:QOLjapan:20160901200707j:image

エクセルで資料を作ったとしよう。

それを印刷してみんなでディスカッションでもやろうと思ったときに、

行番号がないとどこの話をしてるかわからない

から、ディスカッションがスムーズに進まず、上司に怒られてしまうこともあると思う。

 

「行番号をつけろよ!(怒)」

 

「はい」

 

今回はこれ以上被害者を増やさないためにも、行番号をつける方法を3通り紹介したいと思う。

 

①番号ふってオートフィル

最もメジャーなやり方なのかもしれない。

まず、行番号をつけたい左上のセルに

1

を入力する。

f:id:QOLjapan:20160901221546j:image

その後は

WindowsならCtrlを押しながら

Macならaltキー押しながら

下にドラッグする。

f:id:QOLjapan:20160901222119j:image

数字が入る。

f:id:QOLjapan:20160901222135j:image

 

問題点

問題点は、行挿入に弱いということだ。

f:id:QOLjapan:20160901222209p:image

上図のように、行挿入をすると、行番号に空きが出てしまうので、またドラッグし直さなければならない。

 

②ROW()を使いこなす

ROW()を使いこなせば、行追加で列番号がズレることはない。

ROW()は、その式が書かれているセルが何行目であるかを数値で示す。

f:id:QOLjapan:20160901222617j:image

上の図でいうと、

A2のセルに、=ROW()-1 という式が記入されている。

(=を忘れないでね)

 

A2は、2行目だから、ROW()は2を示す。

よって、

ROW()-1=2-1=1となり、A2に1が表示される。

 

後はA2のセルの右下をクリックしてドラッグするだけ。

(この時はCtrlを押す必要はない)

 

問題点

問題点は、見出しに行追加された時にずれてしまうということだ。

f:id:QOLjapan:20160901223632j:image

A3にはもともとROW()-1が入力されていたのだが、行挿入で下に押し出されて3行目となってしまった。

 

この場合は、ROW()-1をROW()-2に書き換える必要がある

 

③上のセル+1を使う

 ROW()は見出しに行追加された場合にズレてしまうので、これが嫌な場合には、

f:id:QOLjapan:20160901224635j:image

1となるセルを決め、(この場合はA2)その下のセルに、

=上のセル+1(この場合は=A2+1)

を入力し、右下をクリックして下にドラッグする。

 

これで行追加にも耐えられるし、見出しに行追加された場合にも耐えられる。

(ただし、データの入っている1行目の行追加には耐えられない)

 

まとめ

行追加に強い行番号をつけるには、②で説明したようにROW()関数を使いこなすべき!!