クオログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クオログ

東大卒の新卒2年目IT系コンサルタントが、フリージャンルで記事を更新します!!!!

MENU

カロリミットFANCLの効果と特許を本気で調べてみた

スポンサードリンク

 

はじめに

CMでお馴染みの、「カロリミットファンケル♪」というフレーズを聞いたことが有る方も多いだろう。

これはCMを見たところ、ダイエットを補助してくれるサプリメントのような働きをしているように見える。

理系出身としては、なんとなく信じがたいものではあったのだけれど、一ヶ月ほど前に偶然、無料で譲り受けたので、たまーに飲む機会はあった。

しかしながら、「これってどうして体に効くんだっけ」という疑問は特に持たないまま時が過ぎていた。

今日はその効能を調べてみたので、共有したい。

 

ホームページを見て確かめようとした

とりあえず、グーグルで「カロリミット」を検索。

キャプチャ画像①

f:id:QOLjapan:20160905161405p:plain

5つの成分が入っているらしい。

ふむふむ、いんげん豆を除けば、普段あまり慣れ親しまない類の成分が入っているみたいだが、こいつらがどう効いてくるのだろうか・・・・

冒頭にはこう書いてある。

カロリミットシリーズは、食べることを楽しみたい方や、ダイエット中の方におすすめのサプリメントです。
お食事の時にサッと4粒。毎日の食事をおいしく食べるための新習慣に。

食べることを楽しみたい、なるほど、でも飲んだところでハイになる成分は入ってないようだ。

何がどう効くのだろう、、、、???

 

分からなかったのでCMを見てみた

スマートな女の人と太めの女の人が美味しそうなご飯を食べている。

スマートな方はカロリミットを飲んでいる。

ここから回想シーンに入り、回想シーンを抜けた後、スマートと太めが一緒に海岸を走っている。

太めは息を切らしながら、スマートに追いつくことが出来ない。

解説が入る。

「あれからウン十年。青春の思い出はスローモーション。今では、いろいろスローです」

スマートの方に寄り、カロリミットの入った袋を振ってドヤ顔。これで終わり。

CMを見て思ったこと

ホームページにも、カロリミットが体にどう効いてくるのかということが明確には記載されていないように思えたのでCMをホームページ上で確認してみたのだけれど、このCMすごい。

何がすごいかって、カロリミットがどう効くということを明確には述べていないのにもかかわらず、「カロリミットを飲まないお前は太っているけれど、私は飲んでいるからこんなにスマートなのよ」というメッセージがぐんぐん伝わってくる。

CMってだいたい「あくまでも個人的な感想です」っていう文言が入っているのをよく見かけるんだけど、これも効能に関して決めつけた表現を避けているといったところだろうか。

 

改めて調べてみたところ、薬事法等の法律で健康食品の効能の明確な表示は禁止されている、とのことらしい。

 

これに関しては下で触れることにする。

 

ホームページにもう一度戻ってみた

根拠らしい根拠は見つけられなかった。

だからCMを見た後、もう一度ホームページに戻ってみた。

そこであるものを発見する。

f:id:QOLjapan:20160905163212p:plain

こう書いてある。

ギムネマシルベスタと桑の葉の組み合わせは、特許を取得しています。

 

なるほどね、特許を取得しているのね。

でもどのような特許内容かは書かれていない

どうしよう。

(改めて調べたところ、これも法律でその内容の記載に関して規制がかかっているということが分かった)

 

特許を調べてみた

特許なんて人生で一回も調べたこともなかったし、特許がある、という記載を見ただけで、「なんかすごい特別な技術が使われているんだね〜」くらいにしか思っていなかったのだけれど、

根拠もなくダイエットの効果を信じていた自分にちょっとだけ腹が立って、「特許を調べよう」と踏み切ったのである。

 

 

特許番号第3302346号という記載があったので、まず「第3302346号」で検索。

f:id:QOLjapan:20160905163717p:plain

 よく見ると、検索順位1位のところにそれらしいものはあったのだけれど、これはこの特許に関する異議の申し立てらしく、その特許の内容が詳細に記されているわけではなかった。

 

検索順位第二位のページは、この特許を引用したページとなっているだけで、別の内容に関するものである。

・・・・ここで諦められない。

 

しばらく探したあげく、検索順位第1位のページに、キーとなりそうな新情報を発見した。

f:id:QOLjapan:20160905170720p:plain

 

これは特許が出願された時に付与される番号らしい。

この番号をキーに新たにGoogleで検索をかけると見事にページがヒットした。

カロリミットのホームページに記載のある特許番号の研究に関するデータを取得することができた

それにしても、難しすぎないか・・・・?(恣意的か?)

検索結果はこのページ(専門的でかなり難しい)

特願平11-287620

 

内容をまとめた

背景まとめ

肥満が増えていると書かれた後、肥満発生のメカニズムが軽く説明されている。

炭水化物の消化→ブドウ糖が血中に吸収される→血糖値上昇→インスリン分泌→ブドウ糖が脂肪に変わる

 

研究の課題まとめ

血糖値が急激に上がると血中のインスリンが分泌されるので、血糖値をゆるやかに上げるような成分発見したいよね!!!て話。

 

手段と結果まとめ

糖質消化酵素阻害物質と糖吸収抑制物質の併用により食後血糖の上昇抑制作用が相乗的に高まることが確認できる

もう少し日本語で言うと、糖の消化を邪魔する物質と、糖の吸収を抑える物質を取れば血糖値の上昇を抑えられるよ!!ってこと。

カロリミットに含まれていてこの実験で出てくる物質

糖の消化を邪魔する物質→桑の葉、インゲン豆(実験で使われているかは謎だが、論文中に記載があった)

糖の吸収を抑える物→ギムネマ・シルベスタ

らしい。

キトシン、鳩龍緑茶、君たちはどうしてカロリミットに入っている・・・?笑

 

f:id:QOLjapan:20160905172237p:plain

 

☓でつながってるグラフが血糖値の上昇を抑えているグラフみたい。

確かに、他のグラフより血糖値の変化が緩やか(血糖値の上昇が抑えられている)!!

 

でも残念ながら、これらをどれだけ摂取するとこの結果が得られたのか、このページには書いてなかった。

 

また、特許の記載を読んでみると、この物質たちは、血糖値の上昇を抑えるものの、糖質をカットしてうんちとして流すわけではないので、ちゃんと栄養摂取できるのでご安心を、と書いてある。

 

強い糖質吸収遅延作用を有する一方、総吸収量にはほとんど影響しないため、栄養障害に陥ることなく安全に治療・予防が可能

考察

カロリミットに含まれる物質には、血糖値の上昇を抑える物質が入っていて、その効能は確かめられているようだが、この実験はカロリミットを用いて行われたものではないので、効能は不明。

 

自分が製薬会社とかでほんとに効くサプリメントを販売するとしたら、そのサプリメントを使って効能を実証するための実験を行い、その上でそのデータを公開するけどなぁ、と思った。

でもそれはされてないみたい。

法律とかで規制があるのかな・・?

 

→→

特許も含め、薬事法等の法律によって広告で記載できる文章の表現はかなり規制されているらしいということが判明した。

 

どれだけ効いたといった、具体的な数値を公表することも禁止されているし、体重減少に効果があるといった表現も禁止されている。

 

そりゃ直接書けないわけだ、、、

 

まとめと使ってみた感想

特許情報によると、カロリミットに含まれる成分には、血糖値の上昇を抑える効果があるらしい。

 

しかし、摂取量と効果の関係性はホームページ上では記載されていない。もちろん、これは法律的に書いてはいけないからだ。

 

実際、僕はこのサプリを貰ったので飲んで入るんだけど、

 

使ってみて体重が爆減りしたとか、そういうのはなくて、あくまで個人的な感想としては、便通が良くなったような気がする。。。。

 

めっちゃ出るようになった気がする。