クオログ

クオログ

東大卒の新卒2年目IT系コンサルタントが、フリージャンルで記事を更新します!!!!

MENU

アジェンダ野郎は嫌われる??アジェンダ野郎の症状とその原因

スポンサードリンク

 

特にこれといった目的もなくて日常会話をしているときに、ふと、

自分がアジェンダ野郎になりかけているということに気づいた。

 

アジェンダ野郎になってしまう危険性は、誰しもが抱えているものだ。

 

今回はそんなアジェンダ野郎になってしまう原因と症状を紹介したい。

 f:id:QOLjapan:20160928224409j:image

アジェンダについて

 アジェンダ野郎ってのは、完全に僕が作った造語なので、どんな人のことを指しているのか説明する必要があるだろう。

 

その中で、まずはアジェンダとは何かについて説明しよう。

 

アジェンダとは

 

アジェンダ

会議で論ずる事項(議題)の表。比喩的に、課題

 

アジェンダ=議題 と捉えるのが一番分かりやすいと思う。

 

例えば、これを読んでいる皆さんが今から会議をするとしよう。

テーマは「一番美味しいうどん屋はどこか」

だとしよう。

このとき、会議で具体的に何を話し合うかはその会議の進行役が決めなければならない。

 

ここで言う、「何を話し合うか」ということは、端的に言うと議題であり、アジェンダである。

 

具体例

 

テーマ

一番美味しいうどん屋

 

アジェンダ

・そもそも何をもってうどんと定義するか

(うどんの定義について)

・「美味しい」の基準について

・美味しいうどん屋の決定方法

・決定結果

 

具体的にいうとこんな感じ。

 

何を話すか、もしくは何を決定するかということを事前に共有することが重要で、そのために会議では冒頭でアジェンダを必ず共有する。

 

アジェンダに関してはこんな感じで捉えている。

 

アジェンダを広い意味で考える

それで、アジェンダっていうのをもっと広い意味で考えると、

 

何かを説明するときに、あらかじめその指針を相手に提示する場合に、そこで提示するのがアジェンダだと考えることができる。

 

具体例

この製品のいいところは、3つあります!

一つ目はAで、

二つ目はBで、

三つ目はCです!

まずAについてですが、、、、

 

説明のときにあらかじめ相手に対して方針を示せば、それが会議だろうが1対1の会話だろうがアジェンダだろう。

 

アジェンダ野郎とは

 

ここまで読んでくださった方がどれだけいるかわからないけれど、アジェンダ野郎ってのは、日常会話でアジェンダを示しまくってくるやつのことね。

 

こんな感じ。

 

「そういえば、〇〇君なんで遅刻したの??」

 

「遅刻した理由?理由が三つあってさ、

一つ目は昨日遅くまで飲んでいたってこと、

二つ目は目覚ましをかけ忘れていたこと、

三つ目は電車が遅れてたことかな?」

 

「あっ」

 

この喋り方だよ!!!

 

ちなみに、この喋り方は会社の中で会話するときとか、文章をを書くときにはかなり役立つ。というより、むしろこういう喋り方ができないと何言ってるか全然わからないし、文章はこういう風に整理されていないとかなり読みにくい。

 

だから入社してからというもの、社内にメールを打ったり質問に受け答えしたりするときにはこういう喋り方を心掛けていたので、それなりに自分に染み入ってきたんだろう。

 

この前普通に日常会話をしているときに何か質問されて、頭の中で(あー、理由は二つあるなぁ)って思って、

「理由はふ」

と言いかけている自分に気づいて、恥ずかしくなったというか、俺キメェ状態になったので、

 

まぁ結論を言うとぜひ気をつけましょうということです。

 

こういう奴がいたら、アジェンダ野郎かよお前、とぜひ突っ込んでください。