クオログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クオログ

東大卒の新卒2年目IT系コンサルタントが、フリージャンルで記事を更新します!!!!

MENU

パクチーとシャンプーは同じ味がする

スポンサードリンク

どうもクオログです。

仕事がなかなか忙しかったので、更新する時間がありませんでした。

 

まず最初にパクチーについてですが、僕はパクチーがとても嫌いです。

 

ちなみにパクチー以外の食べ物は、ホヤを除くとほとんど何でも食べることができます。

 

パクチーを初めて食べた時に衝撃を覚えましたし、その時に思ったのは、

「これは人間の食うものではない」という表現は、今使わなくていつ使うのだろうか、ということです。

 

とにかく、パクチーはもの凄く嫌いなのです。

 

パクチー嫌いはDNAで決まっている説

パクチーの好き嫌いはDNAのせい!? 科学的に判明か

ちょっとソースを追うことが出来ずに一次情報では無いのですが、パクチーを嫌いかどうか、不味いと感じるかどうかはDNAで決まっているとする説があるようです。

 人間には、化学物質の匂いを検出する働きのある8つの遺伝子コードが備わっているが、その中のひとつである「OR6A2」の塩基対は、ヨーロッパ人の半数が持っているといわれ、この塩基対を持っているかいないかで、食べ物の好みが変わってくるのではないかと以前から指摘されていた。

 少し前にアメリカの遺伝子解析サービス「23andMe」は顧客5万人にパクチーが好きかどうか、そしてパクチーが石鹸の味がすると感じるかどうかの調査を実施し、やはりこの「OR6A2」がパクチーの好き嫌い(石鹸の香りに感じる)に大きな影響を及ぼしているのではないかと結論づけた。

 

この記事を読んだのはかなり前でしたが、衝撃を受けたのを覚えています。

 

僕のパクチー嫌いは遺伝子で決められているかは、検査しないとわかりませんが、少なくとも一定数パクチーを受け付けない人がいるということは事実のようです。

7人に1人だとか。

 

シャンプーを舐めたことがある

 

パクチーの話から一気にシャンプーの話になるのですが、以前こんなシャンプーを使っていました。

f:id:QOLjapan:20161024201501j:image

 

このシャンプー、使っていると甘いような何とも言えないいい匂いがするんですよね。

 

使いながら思ったんですよ。

舐めたら絶対美味しいに違いない、と。

 

これ、最初に言っておきますけど、絶対にやめた方がいいです。この記事を読んだ後興味本位で舐めるのだけは絶対にやめてください、絶対に。

事故や誤飲、自殺目的の飲用などで洗剤が口に入った場合、少量であれば通常は問題ありませんが、多量の場合は、消化管粘膜の損傷や筋力の低下、けいれんなどが起こり、肝障害、ショックなどにより死亡することもあります。

 

当時、大学三年くらいで、農学部だったとは言え、一応科学者の端くれだった僕は思いました。

 

濃度が薄ければ問題ないだろう、と。

(正確には、体内に取り込まれる絶対量が少なければ問題ないだろう、ということです。)

 

そこで、シャンプーをほんの少しだけ手にとって、それをさらに伸ばしてついているかどうか分からないくらい手にとって舐めてみました。

 

するとどうでしょう。

f:id:QOLjapan:20161024202726j:image

味覚って、不味いの向こう側にはヤバイっていうカテゴリがあると思うんですけど、

生命の危機を感じる味がしました。

 

そしてそこで思ったのが、パクチーにもっとヤバさをのせた感じの味に似てるな、ということです。

 

化学的なことはちょっとわかりませんが、パクチーの成分に似たものがシャンプーには含まれているのだと思います。だから石鹸の味に感じるとかいう話が出てくるんでしょうね。

 

パクチーを好んで食べている人は、おそらく石鹸も食えるしシャンプーも飲めるのだろうというのが最近の持論です。

 

ちなみにおそらくネタだとは思いますが、シャンプーを飲んでいるマジキチな人の記事があったので参考程度にあげておきます。

カオスちゃんねる : 【閲覧注意】シャンプーがおいしすぎてつらい

 

まとまりがありませんが、このくらいで終わります。良かったらツイッターもフォローしてくださいね〜〜