クオログ

クオログ

東大卒の新卒2年目IT系コンサルタントが、フリージャンルで記事を更新します!!!!

MENU

しらたきダイエットのメリットデメリット振り返り

スポンサードリンク

8月からそれまで夜ご飯に食べていた白ご飯をやめて、しらたきを食べるという試みを始めたのですが、その振り返りをしようと思います。

 

やってみたこととしては本当に単純で、あの手この手でひたすら毎晩しらたきを食べるというものでした。

仕事はそれなりに遅くまで働いているので、食べる時間帯は21-24時くらいです。

 

しらたきダイエットと呼んでいますが、始めた当初はダイエットをしているというつもりはあまりありませんでした。

 

しかし振り返ってみると、それなりに立派なダイエット方法だと呼べそうなので、あえてそのように呼んでみようと思います。

 

しらたきダイエット〜ツナマヨパスタ - クオログ

しらたきダイエットのオススメレシピ - クオログ

↑しらたきダイエットに関する記事です。併せてご覧ください。

 

メリット1 体重は3%強減少

しらたきダイエットを始めた、と聞いて一番気になるのはどれだけ痩せたのか、ということではないでしょうか。

 

ダイエットを始める前は77キロ、体脂肪率は18%くらいでした。

一ヶ月後、この体重は、74.5キロ、体脂肪率16%くらいまで落ちました。

 

これは割合で考えると、3.5%の減少であり、50キロの女性の体重から考えると、1.8キロくらいの減少ということになると思います。

 

ダイエットとしては、それなりに効果はあったと思います。

 

緩やかに痩せるので、体に対する負担も少なそうだというのが個人的な感想です。

 

メリット2 お通じは改善?

 

しらたきには食物繊維が多く含まれており、一般的にはお通じが改善すると言われています。

 

しかし、僕の場合はもともとお通じにあまり困っていない、ということでそれを実感することはできませんでした。

 

また、一緒に実践した彼女の方からも驚くほどの効果が上がった、という声は聞けませんでした。

 

これは個人差によるところが大きいのかもしれませんが、「しらたき お通じ」とかで検索するとそのような効果が見受けられるようなので、人によっては効果があるということでしょう。

 

デメリット1 飽きる

上で掲載したページで、いろんなしらたきの食べ方をご紹介しました。

 

そのページでも紹介していますが、特にしらたき担々麺なんかは、かなり美味しかったです。

f:id:QOLjapan:20161031193941j:image

上図みたいな感じで、

「おお、なかなかうめぇな!」っていう感想を持ちます。

 

しかし、ある程度しらたきを食べてくると、感想は変わってきます。

f:id:QOLjapan:20161031194319j:image

 「しらたきにしてはうめぇな」

どう頑張っても担々麺風しらたきは担々麺を超えられないということに気づいてくるのです。

 

しらたきには独特の風味というか、クセみたいなのがあります。なんとなく、イカくさいような、そんな香りです。

 

これがすごく鼻をつくようになります。

どんな食べ方をしても、だんだんこのクセが気になってきて、結果としてしらたき感を拭えなくなってくるのです。

 

そして煮物をした時に気づきます。 

「本来の食べ方が一番うめぇ」

 

デメリット2 値段が高い

しらたきを主食にしようとすると、だいたい一食100円程度かかります。

 

一回の食事で0.5合の米を食べている人が、しらたきに変えたとすると、

20円→100円の負担となります。

 

これが地味に効いてきて、僕の場合だと一ヶ月くらいした時に、

「確かに少し痩せたけど、金払ってなんで不味いもの食ってんだろ、、、」

ってなりました。

 

そして、食卓からしらたきが消えていきました。

 

決定打は、分量があまり足りていないパスタソースにしらたきを混ぜたしらたきパスタでした。臭すぎて食べられませんでした。

(下茹ではもちろんしてあります)

 

終わりに

結果として少し痩せたことは満足のできる結果となったのでしょうが、それなりに辛さもありました。

そして、しらたきは本来の食べ方で食べるのが一番美味いんだと、しみじみと感じることもできましたし、これはいい経験にはなったと思います。

しらたきダイエットを検討している方がいらっしゃったら言いたいことは、

とにかく濃い味で素材の味を殺せ

ということに尽きるかと思います。

 

Twitterのフォローもお待ちしています。