クオログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クオログ

東大卒の新卒2年目IT系コンサルタントが、フリージャンルで記事を更新します!!!!

MENU

初めてスノボーに行くまでの準備と滑り方の心得まとめ

スポンサードリンク

11月ともなると、北のほうではチラチラと雪も降り始め、ウィンタースポーツをする環境が整ってきますよね。

 

僕も大学生の頃、大学生ならではのことがしたい!という思いからスノボーを始め、今ではすべての用具を揃えて雪山に駆り出すまでになりました。

 

今回はスノボーを始めたいと悩んでいる未経験者の方や、1,2回スノボーをしたけど、これからどうしようと考えているビギナーのために、スノボーの準備や滑り方を紹介しようと思います。

 

 

用具について

初心者の方は、何を準備すればいいのかということに最も頭を悩ますと思います。

 

結論から言うと、基本的にほとんどレンタルすることは可能なので、何も準備せずとも旅の手配さえすればスノボーをすることは可能です。 

ただし、快適なスノボーはほしょうできません。

 

経験上これは買っておいたほうがいいよ、というものが何点かあるので、優先度が高い順に事前に購入すべきものを紹介します。

 

スノボー用のハイソックス(1500円-/1組)

スノボー用のハイソックスと通常の靴下の違いは、厚さです。

スキーをしたことのある方ならわかるとは思いますが、スキーの靴って足がガチガチに固定されていますよね?

でも、スノボーはそれほどガチガチに固定されているわけではありません。

方向転換のためにほんの少しだけ緩みがあります。

そのため、普通の靴下だと靴擦れを起こしやすいです。

 

しかも、ソックスのレンタルはあまり見たことがありません。(人が履いた靴下、ちょっと嫌ですよね)

事前に購入することを強くお勧めします。

 

手袋

これはは最悪レンタルできます。

しかし!

 

だいたいレンタルできる手袋は粗末であり、粗末な製品は、水を弾く撥水性能が乏しく、雪を少し触っただけですぐに水が入ってきます。

 

しかもレンタルは使い回されているので、ほとんどボロ切れに近いものも多く、防寒性能はほぼ0に近いです。

 

ですので、手袋は買っておいて損はないと思いますし、継続的に利用するのであれば良いものを買うのをお勧めします。

 

ニット帽

スノボをするときにかぶる帽子ですね。

これが無いと耳が死にます。

そしてだいたいレンタル出来ないです。

 

春頃の晴れている雪山だと、最悪なくても問題ないのですが、12-2月まではないとかなりキツイと思います。

 

撥水スプレー(500円-)

後述しますが、始めてからいきなりウェアも揃えて臨む方もある程度はいるのかと思います。

ですが、1回目だしウェアはレンタルでいいや、と思っている方も多いのは事実ですよね。

 

だいたいそういうレンタルのものは、前述の手袋と同じように、撥水性能は低いです。

 

ですか、少しでも撥水性能を上げるためには、撥水スプレーが効果的です。

 

 

LOCTITE(ロックタイト) 超強力防水スプレー 布・革 420ml DBS-420

LOCTITE(ロックタイト) 超強力防水スプレー 布・革 420ml DBS-420

 

ウェア

これはだいたいどこでもレンタルすることが可能です。

 

買うことのメリットとしては、

  1. レンタル製品よりあたたかい
  2. カッコいい
  3. 長期的に見ればレンタルより安い

という3点が挙げられるでしょう。

 

もう一度目的を思い出して見てください。

だいたい友達とはしゃいで、記念写真をパシャパシャ撮りたいんですよね?

 

そういうときにレンタルのダッサいウェアだったら、なんとなく少し悲しいですよね。

しかも、周りのみんなはウェアを持っているのに、貴方だけ持っていなければ、見た目は半減しますね。

 

ただ、ウェアは上下で4万円前後はかかりますので、初めての方が買って思いの外面白くなければ、初期投資はムダになってしまいますよね。

 

なので、1回目までは買う必要はないかもしれませんね。

 

ゴーグル

これはレンタル出来ます。

買うメリットとしては、

  1. レンタル製品より曇りにくい
  2. カッコいい
  3. 長期的に見ればレンタルより安い

という3点ですね。

 

ゴーグルの目的としては、

  1. 目を雪焼けから守る
  2. 雪よけ

という二つかとは思います。

 

しかし、ゴーグルをつけると視野がかなり狭くなります

ですので、初心者の方はゴーグルをあまりつけないで滑っていることが多くなると思います。

吹雪でもなければゴーグルはほとんど必要ないと考えてもいいかもしれません。

 

ブーツ(20000円-/1組)

これはレンタルできます。

ここからは本格的な器具に入っていきますが、うまく滑るためにはブーツはとても重要です。

 

自分の足に合った形、柔らかさを選ばなければ怪我してしまうということにもなりかねません。

 

これは店でよく店員さんと相談しながら、また予算と相談しながら、できるだけ良いものを買うと良いと思います。

 

ボードとビンディング

ボードとはスノーボードのことで、ビンディングとは、板と靴を固定するための器具のことです。

レンタルするときは基本的にはついてきます。

ボード3点セットという表記だと、

  1. ボード
  2. ビンディング
  3. ブーツ

という3点ですね。

 

これもまた予算と目的(早く滑りたいのか、雪の上でトリックを決めたいのか、ジャンプしたいのか)などよく考えて自分に合ったものを選びましょう。

 

GALLIUM(ガリウム) スキー&スノーボード GENERAL・F・Set SW2136

GALLIUM(ガリウム) スキー&スノーボード GENERAL・F・Set SW2136

 

 

初心者がうまく滑るには

初心者が滑れるようになるには、それ相応のコツを取得することがひつようです。

 

恐怖心を取り除く

初心者がうまく滑れるようになるには、まず恐怖心を取り除くことです。

 

具体的に言えば、いつでも止まれるように練習するということが重要です。

 

木の葉で練習してみよう

「木の葉」という滑り方があります。

これは、斜面に対して前を向いた状態で、カカトの方に体重をかけながら滑っていく滑り方です。

 

降りる方と逆にあるボードの端(エッジ)に体重をかけることによってブレーキをかけることができるのですが、

 

この滑り方によって、ブレーキをかけることを学びます。

 

何回も練習しながら、いつでも止まれるという安心感をもちましょう。その安心感がないとなかなか滑れるようにはなりません。

 

緩やかすぎない斜面で

初心者が練習するときに選びがちなミスとしては、緩やかすぎるゲレンデで練習しようとしてしまうということです。

 

緩やかすぎる、というのは、傾いているのかいないのかわからないくらいのゲレンデのことです。

 

ここで問題なのは2つありまして、

  1. なかなか滑る感覚が掴みにくい
  2. 逆エッジで転びやすい

ということです。

 

まず、緩やかすぎる斜面では重力による斜面を滑る力がうまく働かないため、ボードが斜面を滑っていく感覚をつかむことが難しくなります

 

また、緩やかな斜面だとどちらのエッジに体重をかければ良いのかが分かりにくく、つい斜面の下側にある方のエッジに体重をかけてしまい、ボードが雪にひっかかってぶっ飛ぶようにこけてしまうということにもなりかねません。

 

ゲレンデを選ぶ際は緩やかすぎない斜面を選んで恐怖心を取り除けるようにブレーキの練習をしましょう。

 

ボードを縦にして滑ってみよう

ブレーキをかけることができるようになってくると、ボードを斜面に対して縦にして滑りたくなると思います。

この滑り方が、スノボーっぽい滑り方だろうとおもいます。

 

前足:後足は7:3の体重で

初心者がボードを縦にしてうまく滑れずに転んでしまう最大の原因は、恐怖心から後ろ体重担ってしまいバランスを崩してしまうことです。

 

 

この気持ちはすごくよくわかるんです。

滑り出してスピードがすぐにでますから、恐怖を感じて後足の方に体重が掛かってしまうんですね。

 

でもこれだとなかなか思うようには滑らないんです。

 

前足と後足の体重比が、7:3くらいになるように意識しましょう。

 

そうすると、重心が両足の間に収まりますので、自ずとうまく滑れる姿勢になるはずです。

 

まとめ

なかなかうまく滑れるようになるのは難しいですが、安全に楽しい思い出がつくれるように準備を進めてください!!!